恵まれた環境

近くに公園がたくさんあるのでお天気のいい日はいつも歩いて公園に行き遊んでいます。
初めのうちはバギーでお散歩していた赤ちゃんたちも、次第に歩けるようになり自分の足で歩く経験を重ねることで心も体もたくましく成長していく子どもたち。
子どもたちのリクエストに応じて、公園をはしごして遊ぶこともあり多い日には5km近く歩いているなんてこともあります。
その日のスケジュールによっては朝のおやつやお弁当をもって出発し、遊ぶ時間がたくさんつくれるよう工夫しています。
また、バスに乗って少し遠くの公園に行くこともあり、消防署の前を通ってはたらくくるまを応援したりもします。

雨の日には児童館や室内大型遊具施設に遊びに行ったり、ボールプールやトランポリン、粘土、新聞紙遊びを楽しみます。
園舎の裏にはテラスがあり、そこで給食やおやつを食べることもあります。夏になると、年齢や天候、安全面などに十分配慮しながらテラスでプール遊びを行います。